カフェ 幹・もとの独り言

お菓子と飲み物の古民家カフェ

Entries

窓ふきから見えるもの


ようやく気温が上がって来ましたね〜^^

日曜日は窓ふきをしました〜♪

 特に気になっていた窓ふきが、この格子戸のガラス

CA3C5410格子戸 

手前は良いのですが、、

裏っ側ってどう磨くの??

ってことで、今まで裏は磨いていませんでした^^;

しか〜し!

小さな木枠を上に持ち上げると、外れるのね^^;

障子やふすまと同じ原理だと言う事に

今頃気が付きました(笑)

日本の技は凄い!!



外れない木枠もありましたが、

外れる所だけを磨くと、

格子の向こうが良く見えるようになりました〜

そして、一番下の窓は曇りガラスになっていました・・

外してみると裏(格子側)に、こんな文字が・・!

CA3C5411大日本 

「大日本陸軍1」

大日本帝国陸軍を調べてみると

1871年(明治4年)〜1945年(昭和20年)まで存在し

解体後は旧日本陸軍と呼ぶそうなので

おそらく、その年代の物と思われます。


なので、この文字を消さないように磨きました^^

そして磨き終えると、

光りの具合でこんな文字が浮かんで見えました・・

CA3C5414忠魂 

見えます?

「忠魂」

その他にも何文字かありましたが、、

うん、、

まさに戦時中。。

どんな思いで、見えない部分の窓に書いたのでしょう。

文字に込める背景。

しかも字が綺麗です。

物が豊かになった現代では、

逆に字が綺麗に書けなくなっています。

私達は日本の何を残したいのでしょう。。


古物に価値をつけて収集しますが

その価値を外してみると、

人間の精(魂)思い出が何かしら宿っている気がします。


この家は父が十数年前に買いましたが

家自体は築約100年の古民家で、

その家の中は父が集めた古物ばかりです。

そして私がカフェを初めて今年で4年目。

しかし改装はせず、そのおもむきのままですが、

父が買った頃の雰囲気や空気が変わった気がします。

CA3C5416窓 

「落ち着く空間」


現代風の古民家カフェが増える中、


私には私の役目がある、、

それらの古物が教えてくれたように思えます。


4月2日(土)オープンです!

ゆっくりしに来て下さいね!




にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

moto hiroko

Author:moto hiroko
カフェ「もと」と読みます
北海道在住 ・女性 ひろこ
由仁町のふるさと果園内にある
大正に建てられた古民家で
飲み物とお菓子だけの、
ちょこっとカフェを始めました。


金・土・日・月曜日・祝日の営業、
10時30分〜17時までです。
一人での切り盛りのため、
お時間に余裕をもって来て頂くと
嬉しいです。
ご理解ご協力お願いします。
※お願い
食べログでのコメントはしないでね

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -