カフェ 幹・もとの独り言

お菓子と飲み物の古民家カフェ

Entries


最近は、お菓子の本が沢山ある所で勉強して

発想して


家で試作をしてみる、、繰り返しです。

黙々作業です。

同じ素材でも、何パターンか試しています。

今回は当園のプルーンを使ったチーズケーキです。

CA3C4113プルーン 

形はさておいて^^;

色合いもキレイで、味も美味しくできました〜

CA3C4114プルーン 

私の場合は、焼き菓子がほとんどです。

それには理由があります。

ただ趣味で焼くのなら良いのですが

商売になると色んな兼合いを考えるからです。


先日、そんな事を書いていた本に出逢いました。

その方も、本格的にお菓子の修行をした方ではありません。

(私もそうです)

似たような考え方で、共感しました。

素晴らしいケーキは、ケーキ屋さんにはかなわないのだから

楽しくて喜んでもらえるお菓子を作りたい。


私も同じです。

その為の知識が必要なので、勉強するのです。

でもね、、喜んでもらうだけじゃなく

お客様のお金を頂戴する大切さ。

そして自分の経営が成り立たないと、先がありません。



勉強には、色んな方法があると思います。

どこかで働くのか、仲間とわいわいやるのか、独学なのか。。


私はお菓子教室へ通ったきっかけに

その後は独学を選びました。

仲間とわいわいタイプでは無いですしね^^;

感じる発想を、誰かに伝えられるような事ではないからです。

自分で何度も試作してイメージに近づけられるのは

自分の舌と感だよりですね(笑)

CA3C4099かぼ 


だから決して頑張りは、目立ちません。

まして田舎で商売をすれば尚更です。

しかも、その町の住民でもありません。

努力は見えないまま。

冬季休業のうちに、状況は変わって

いつしか忘れられているかもしれません^^;


それでも自分の感性は消したくありません。

個性があるからこそ、その町は楽しくなるのです。

いいえ、町は意識しなくても

本当に気に入ってくれる方がいれば良いのです。

時々に、なぜ私はこの町でカフェをやっているのだろう?

なんて思う事もあります(笑)

いっそうのこと、一冬ごと地道に家ごと移動して

いつしか札幌に到着しないかしらね?(笑)


気に入ってくれてたお客様も後を追って来て(笑)


私の「冬」にやらなくてはいけない事。。

家の 移動じゃなくて・・;

 勉強します!(笑)

(見えないところでストイック)


小学校では、皆と足並みを揃える。

みんな仲良く共同作業。

平等に公平に。

行事には参加しましょう。


小さな教室=町だとしたら?


児童=市民・町民だとしたら?


私的には、、十人十色・多種多様^^

似たような事より、そのほうが良いなぁ〜〜



あっでも、教師=役目の方は公平であって欲しいけどね(笑)



これはカフェに限らず、色んな分野に共通しますよね^^

(自分の求める物は何ですか?)



何かやりたいのに、、

勇気がない、、

私もそんな始まりからでした

今も勇気が足りませんが^^;

そんな方、応援してます!



※私も皆さんのコメント・拍手を頂き元気をもらっています。
ありがとう〜〜




あともう一つ。

農業時代の農村地区の経験で得た事。

農家の「冬」

特有の暮らしと感情と内情がわかるからこそ

冬には考えさせられる事が多々あります。

この芯の部分は、皆さん言いません。


私は町内の人間ではないからこそ

うちのお店に来やすい。。

なんて、そう言ってもらえる事も願っていますよ^^





にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

moto hiroko

Author:moto hiroko
カフェ「もと」と読みます
北海道在住 ・女性 ひろこ
由仁町のふるさと果園内にある
大正に建てられた古民家で
飲み物とお菓子だけの、
ちょこっとカフェを始めました。


金・土・日・月曜日・祝日の営業、
10時30分〜17時までです。
一人での切り盛りのため、
お時間に余裕をもって来て頂くと
嬉しいです。
ご理解ご協力お願いします。
※お願い
食べログでのコメントはしないでね

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -