カフェ 幹・もとの独り言

お菓子と飲み物の古民家カフェ

Entries

近隣


先日、家の中の片付けを早めに切り上げて訪れた場所。。 

近隣の町です。

CA3C3710木 

山道をドンドン進むと、木々に囲まれた風景に。。

入り口には大きな木がお出迎えしてくれます。

CA3C3711木 

まずはこの木に、ご挨拶^^

ここには昭和の古民家がありますが

現在は使われていません。

今回は、その古民家を再生し利用出来ないかと

頑張られている方のところへ訪問致しました。

CA3C3708戸 

私には何の力も有りませんが

一度、見ておきたかったのです。

当店は古民家カフェと言う事もあるので

このように何か利用したいと思うお客様達が

時々に足を運んでくれます。

これも何かのご縁と思い、お話しを聞かせてもらっています。

CA3C3707.jpg 

なぜか家と言う物は人が住まないと、傷むのが早いですね。。

幼少の思い出の詰まった家を、今の世代のうちに直して

保存しながら利用したい、、

そんな思いは、きっと届くはずです。

そう信じたいですね^^


帰り道、、小高い山から見る夕日が綺麗でした。

CA3C3712.jpg 

ここの山道は神秘さがあります。

今度は自然のパワーを貰いに、また訪れたいと思える場所でした。


その後、案内してくれた方と少し離れた近隣の隠れ家へ^^

CA3C3717暖 

ここは当店と同じ、食べログには載っていないカフェです。

なので名前は載せない事にします^^


そして古材を利用して、店主自ら建てたお店は

何とも言えない落ち着きと温かみのある場所です。


本来は木工の作品が専門とのことで、

店主さんより色々なお話しが聞けました。

CA3C3716作品 

聞けば聞くほどに、手間暇の行程が価値を深めます。

それを知るのと知らないのとでは、大きな違いが有りますね。

また一つ、勉強させてもらいました。

私がカフェ業と知っていながらでも

すごく気さくに話して頂けて、感謝です。

ありがとうございました!!




なんだかね、自分の知らない世界がまだまだ多くて

自分が経験して来た事だけにとらわれるのが

なんてもったいないのだろう、、

って、自分をいましめる放浪の一日目となりました^^;


そんな繋がりを作ってくれたのは、当店のお客様です。

まだまだ自分にとっては「点」の状態ですが

この「点」が増えていくと、、

どんな世界が広がるのでしょうか?


繋いでくれるお客様達も、それぞれの分野があるので、、

きっとまだ、誰にも想像出来ないですよね^^

私にも分かりません(笑)



まだまだ放浪はつづきます。

すでに昨日も今日も、放浪して来ました(笑)


それは次回へつづく〜〜〜








にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

moto hiroko

Author:moto hiroko
カフェ「もと」と読みます
北海道在住 ・女性 ひろこ
由仁町のふるさと果園内にある
大正に建てられた古民家で
飲み物とお菓子だけの、
ちょこっとカフェを始めました。


金・土・日・月曜日・祝日の営業、
10時30分〜17時までです。
一人での切り盛りのため、
お時間に余裕をもって来て頂くと
嬉しいです。
ご理解ご協力お願いします。
※お願い
 食べログへの紹介はしないでね。


経歴
札幌のデパートで正社員として勤務
次に広告デザイナーへ転職
その後、脱サラ農業を始める
平飼い養鶏&畑作有機栽培
他、短期間お菓子教室に通ったり
短期菓子工場パートを経て
現在は離職しカフェを営業中

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -